副業が会社にバレるのは、住民税が原因です。
住民税を、給与から天引きする形にするから、会社にバレるのです。

 

それを防ぐためには、確定申告書の第二表の住民税の徴収方法で、「自分で納付」に黒丸します。

 

赤丸はダメです。
赤丸すると、例え「自分で納付」にきちんと丸していても、会社にバレます。

 

副業が会社にバレる理由は住民税

副業が会社にバレるのは、住民税が原因です。

 

市役所は、毎年5月に住民税決定通知書を発行して、会社に発送します。

 

以下に、住民税決定通知書の見本を示します。

 

この住民税決定通知書にある、赤枠で囲った部分の「その他の所得計」欄に金額が印字されていた場合、副業をやっていると分かってしまいます。

副業が会社にバレない方法は確定申告書にあり

副業をやっていることが、会社にバレない方法は簡単です。

 

確定申告書第二表の「住民税の徴収方法」欄にある選択項目のうち、「自分で納付」に丸をするだけです。

 

確定申告書には、雑所得を確定申告する「確定申告書A」と、個人事業主が事業所得を確定申告する「確定申告書B」の2種類があります。

 

それぞれについて、住民税の徴収方法で「自分で納付」に丸を付けてみましょう。

確定申告書A:住民税の徴収方法

確定申告書Aの場合、確定申告書Aの第二表の「○住民税に関する事項」欄の、「自分で納付」の部分に以下のように記入します。

 

間違っても、「給与から差引き」に丸を付けないように。
ここに丸したら、住民税決定通知書の「その他の所得計」欄に金額が印字されてしまい、会社にバレます。

確定申告書B:住民税の徴収方法

確定申告書Bの場合、確定申告書Bの第二表の「○住民税・事業税に関する事項」欄の、「自分で納付」の部分に以下のように記入します。

 

確定申告書Aと同じく、間違っても、「給与から差引き」に丸を付けないように。
ここに丸したら、住民税決定通知書の「その他の所得計」欄に金額が印字されてしまい、会社にバレます。

確定申告書の住民税徴収方法欄に赤丸したら会社にバレる

副業が会社にバレない方法は、確定申告書の住民税の徴収方法で、「自分で納付」の部分に丸をするだけです。

 

ですが、ここは必ず黒丸で書いてください。

 

赤丸すると、会社にバレます。
理由は、「自分で納付」の部分に赤丸があると、市役所の職員の方は、『「自分で納付」しない』、つまり『「給与から差引き」する』と処理してしまうからです。

 

非常に重要なポイントですので、図で示します。

確定申告書A:住民税の徴収方法は赤丸ダメ!

確定申告書B:住民税の徴収方法は赤丸ダメ!

税務署上がりの税理士は止めましょう

私は副業で商売をしていますが、税理士を雇って確定申告を済ませています。

 

私は一度、税理士を変えています。

 

今は有能な税理士にお世話になっていますが、最初に依頼した税理士は、非常に無能な人間でした。
この税理士は、税務署上がりの人間でした。

 

この税務署上がりの無能な税理士(O森sz男)がしでかした、一番の出来事は、副業が会社にバレたことです。
先程申し上げた、確定申告書の住民税徴収方法欄に赤丸したせいです。

 

おまけにこの税務署上がりの無能な税理士は、まず帳簿が作れませんでした。
かつて、私が副業での売上が5000万円あった時、私は、税務調査が入る危険を感じて、この税務署上がりの無能な税理士に帳簿の作成を依頼しました。
そうしたら、「そんなの出来ませんよぉ~~」とほざきました。

 

そして、こうも言い放ちました。
「それだけ売上あったら、税務調査入っちゃうよね~」
「今は税務署に泳がされているだけだよ~~」

 

このように、私が最初に当たった税理士は、非常に無能で怠慢で、人の金は税務署の金だと思わせるような発言を平気でするクズでした。
まだまだこの税務署上がりの無能な税理士の欠陥を指摘することは出来ますが、この辺にしておきます。

 

税務署上がりの税理士が、全員が全員、こんなクズでは無いと思いますが、私は税務署上がりの税理士を雇うことはオススメできません。

確定申告書Aと確定申告書Bの違い

副業が会社にバレない方法は、確定申告書にある住民税の徴収方法で、「自分で納付」に黒丸することです。

 

確定申告書には、確定申告書Aと確定申告書Bの二種類があります。
副業をされている方は、どちらの確定申告書を使用するべきなのでしょうか?

 

ここで、確定申告書Aと確定申告書Bの違いについて、個別に説明していきます。

確定申告書A

確定申告書Aは、雑所得のある方が使用する確定申告書です。

国税庁HP『所得税及び復興特別所得税の確定申告の手引き』には、確定申告書Aについて、以下のように書かれています。

確定申告書Aは、申告する所得が給与所得や公的年金等・その他の雑所得、総合課税の配当所得、一時所得のみの方が使用できます(予定納税額のある方は、確定申告書Bを使用します。)。

 

よって、確定申告書Aは、雑所得のある方が使用する確定申告書です。

雑所得とは?:確定申告書A

雑所得について、国税庁HP『No.1500 雑所得』には、以下のように書かれています。

雑所得とは、他の9種類(利子所得、配当所得、事業所得、不動産所得、給与所得、退職所得、譲渡所得、山林所得、一時所得)の所得のいずれにも当たらない所得をいい、公的年金等、非営業用貸金の利子、著述家や作家以外の人が受ける原稿料や印税、講演料や放送謝金などが該当します。

 

これを見ても何を言っているのか分かりませんね。
要は、雑所得とは、お小遣い程度の副業収入のことを指します。

 

これが、副業だけで生活できるレベルの収入が継続的にあった場合、事業所得になるので、確定申告書Aは使えません。
確定申告書Bを使用しなくてはなりません。

確定申告書B

確定申告書Bは、所得の種類に関わらず、誰でも使用出来る確定申告書です。

 

国税庁HP『所得税及び復興特別所得税の確定申告の手引き』には、確定申告書Bについて、以下のように書かれています。

確定申告書Bは、所得の種類にかかわらず、どなたも使用できます。

 

よって、確定申告書Bは、所得の種類に関わらず、誰でも使用出来る確定申告書です。
雑所得であっても、確定申告書Bを使うことが出来ます。

 

確定申告書Aを使うか確定申告書Bを使うかを迷ったなら、確定申告書Bを使いましょう。
私は、副業で物販業を営んでいますが、確定申告書Bを使用しています。

まとめ:副業が会社にバレない方法

・確定申告書の第二表の住民税の徴収方法を「自分で納付」に丸すれば会社に副業がバレない

・「自分で納付」は必ず黒丸で!赤丸すると会社にバレる

【PR】弥生シリーズを使おう!

弥生シリーズは、帳簿~確定申告書の作成まで、簡単にかつ完璧にできます!

 

さらに、ベーシックプランにも加入すれば、税務調査対策の相談もできます!

 

弥生シリーズには、青色申告オンラインと、白色申告オンラインがあります。

やよいの青色申告オンライン

 

やよいの青色申告オンラインの料金は、毎月たった1,080円です。

(ベーシックプランなしなら、1年間無料)

やよいの白色申告オンライン

 

やよいの白色申告オンラインの料金は、毎月たった720円です。

(ベーシックプランなしなら、ずっと無料)

【PR】年間売上1,000万円以上なら税理士に依頼を!

当期の年間総売上が1,000万円以上あるなら、税理士を雇いましょう。

 

税理士を雇うと、税務調査が入ったら、税理士が間に入って一緒に戦ってくれます。

 

私は、顧問税理士とは、以下のサイトで出会いました。

 

 

税理士紹介エージェントは、優秀な税理士が多数登録されており、非常に評判が高いサイトでオススメです!

私は顧問税理士を一度変えています。

最初の顧問税理士は、タウンワークを使って、自分で探しました。

その結果、税務署上がりの無能な税理士に当たってしまい、散々な目に遭いました。

税理士紹介エージェントを使えば、無能な税理士に当たることはまず無いはずなので、税理士を雇う場合はこちらを使いましょう。

そして、来るべき税務調査に備えてください。

以上です。